ワンチャンの意味、由来と使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンチャンの意味、由来

まずワンチャンの由来と意味ですが、もともと「ワンチャン」は麻雀を打っている時に「振り込みそうだけど、通る可能性はある!」といった牌をきるときにつかわれていた言葉なのですが、いつのまにか若者の中で使われるようになっていました。
文字とおり「ワンチャンス(one chance)」の略した言葉なのですが「可能性はある!」「可能性は0ではない!」「チャンスは有る!」といった難しい状況だけどもしかしたらできるかもしれないといった場面で使われています。
派生させて「ナイチャン」「ハンチャン」「カクチャン」「フルチャン」としても使われることもあります。

ワンチャンの使い方

使い方としては、先程にも少しお伝えしましたが難しいまたはわからない状況だけど、もしかしたらいけるかもね。
といった時に使える言葉になっていますので、わからない状況でいいますと「チャレンジしたことないことにチャレンジするとき」や「好きな人の気持ちがわからないけど、自分のこときらいじゃなさそうな時」に使います。

難しそうな状況でいいますと「今自分の作っている(youtube)チャンネルがバズる(世間で知られることになる)かも知れない」とか「みんなこんなところ(辺鄙な場所)でお店しないからこそ、ワンチャン流行るかも知れない」といった
未来の自分にもまだわからない状況で使うことが多いです。

そしてシーン別で大きく分けると「一般」「恋愛」「おとなの関係」にわかれます。
まず、一般でいいますと「遅刻しそうだけれども走ればワンチャン間に合うかも知れない!」とか「明日のテスト全然勉強してないけれどもワンチャン徹夜で勉強すれば80点以上はとれるかもしれない」など男女ともに使えそうな言葉になりますね。
恋愛でいいますと先程も少し言いましたが「好きな人の前で石ころで転んでしまってダサい姿見せてしまったけれども、ワンチャンアピールできたかも知れない」「好きな子に一度告白してフラれたけれどワンチャンもう一度告白したらうまくいくかもしれない」などこれはもしかしたら、男子同士で話すことが多いかも知れませんね。そして最後の「大人の関係」でいいますとこれは完全に男性が圧倒的に使っていると思います。これはなんですか?とお伝えしますとずばり「ワンナイトラブや一晩だけの関係」といった女性は聞き捨てならない意味にもなってしまうんですね。
クラブに行く前の男性同士の会話で出ることが多いのではないでしょうか?こういったワンチャン男には女性は気をつけてくださいね。
ということでワンチャンの意味・由来・使い方のまとめでした。”

コメント