【忖度】ジャニー喜多川氏の死去報道がどうでもいいと話題に

ニュース
スポンサーリンク

数々の男性アイドルを世に送り出した大手芸能事務所「ジャニーズ事務所」社長のジャニー喜多川(本名・喜多川拡=きたがわ・ひろむ)氏が、7月9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため都内の病院で亡くなった。享年87。

ジャニーズファンや所属タレントの間では悲しみの声も上がってるようだが、一般人にとっては正直どうでもいいってのが正直な意見ではないでしょうか?

実際に、このような辛辣な意見が多数ありました。
中でも目立つのは民放各社の、ジャニーズに対する忖度という部分です。
それだけジャニーズが民放各社にとって、重要だということなのでしょう。

本来であれば、視聴者が関心のあるニュースを優先してほしいものです。
しかしメディアは視聴者無視で、スポンサーにばかり忖度するので、テレビ離れはそりゃ進みますよね。

偏ったニュースばかり流すメディアじゃなくて、視聴者が興味あるニュースを流すチャンネルがYouTubeでもあればいいなと思うのですが、やはりお金が絡むとどうしてもスポンサーに忖度する形になってしまうのかもしれません。

コメント