ブラックミラーseason1の2話「1500万メリット」のあらすじ、ネタバレと感想

スポンサーリンク

ネタバレ、あらすじ

管理された社会で、仕事などはなくルームランナーを走ることが日課。
エアロバイクを走り続けることで、メリットを貯めることができ、それをお金のように使うことができる。
常にディスプレイに囲まれており、鏡もディスプレイになっている。
リモコンなどはなく手のアクションで操作する。
常に広告に追い回されていて、意図してないときにアダルトチャンネルの案内が来る。
未来の話なのに、このあたりは最適化されてないのか笑

そんな中、ビングはアビという美しい歌声を持った女性に出会い魅了されてしまう。
偽物の世界で初めてみた本物。
ビングはアビにオーディション番組へのエントリーを勧め1500万メリットをプレゼントする。

極度の管理社会で暮らす人々の唯一の脱出手段はオーディション番組に出演しスターになること。
しかし優勝者には予期せぬ残酷な状況が待っていた。
歌手として成功したかったアビだったが、審査員からアダルトチャンネルへの出演を進められる。
アビは断ったが、審査員や視聴者、会場の空気に飲み込まれ、出演を快諾することになる。

このことに絶望したビングであったが、自身もオーディション番組へ出演するため1500万メリットを貯める。
オーディション番組に出演したビングはダンスパフォーマンスを披露するが、審査員や観衆の評価は最悪。

しかしビングがやりたかったのはパフォーマンスではなく、パフォーマンス終了後にアビをアダルトチャンネルに進めた審査員や、このくだらない世界への不満を吐き出すことであった。

これを審査員は素晴らしいパフォーマンスだと絶賛。
彼は合格しエアロバイクから抜け出すことになる。
チャンネルを持つことになるのであった。

感想

管理された社会でずっとディスプレイに追い回される社会は、今の社会よりもずっと苦しそうに思えた。
だけど自分で考えることを完全に放棄しているので、楽なのかもしれない。
作中でもあったけど、女性と話してるときに、アダルトチャンネル出るのはうざすぎる笑

コメント