3150(最高)の意味、由来と使い方

スポンサーリンク

3150(最高)の意味、由来
3150(最高):最高という意味で使います。亀田3兄弟の親である亀田史郎さんが考案した用語で、色々なシチュエーションで使うことが出来ます。
亀田史郎さんはテレビやyoutubeなどで美味しいものを食べた時にこの3150をよく使います。
亀田史郎さんは両手を頭の位置に挙げて、拳を外側に向けたポーズをとって最高と言います。
この仕草まで真似している人は少ないですが、3150で最高という意味はかなり浸透しています。

若者はSNSで使うことが多く、流行のきっかけを作ったのもSNSだと思います。

スポンサーリンク

3150(最高)の使い方

実生活でも使うことができて、美味しいものを食べて3150、嬉しいことがあって3150と言うことができます。

SNSのハッシュタグで3150と入力するのが最も人気の使い方ですが、今後はポーズ付きで動画を撮影したり、写真を撮る人も増えてくると思います。「3150(最高)」の勢いはどんどん増していて、それを感じた亀田史郎さんはオリジナルの3150Tシャツを作成しています。

このオリジナルの3150Tシャツはインターネットで購入可能で、デザインも結構お洒落です。

有名人などが着用し始めればさらに大きなムーブメントになる可能性があります。ちなみに価格は3150円です。

10代のメインの情報源はyoutube、インスタグラムなどのSNSです。亀田史郎さんもメインの活動の場をyoutube、SNSに置いています。

テレビ出演をする機会もありますが、露出度は高いとは言えません。それでもここまでの人気を誇っているのはyoutube、SNSの影響です。

特にyoutubeの影響は大きく、youtubeで流行を作り出せば若い世代に一気に広まる可能性があります。

「3150(最高)」の使い方がよく分からないという方は、亀田史郎さんが運営しているyoutubeチャンネルである「亀田史郎チャンネル」を見ることをお勧めします。

「亀田史郎チャンネル」は人気上昇中で、登録者数はすでに10万人を超えています。

テーマは特に決めていないようで、面白そうなことをとにかくやってみるというスタイルのようです。

流行の食品、新発売の食品などを試してみたり、インスタ映えする料理を作ったり、息子にドッキリを仕掛けたりしています。

動画の最後や、締めの挨拶で「3150(最高)」を使ったり、料理を食べて「3150(最高)」を使っているので、上手く使いたい人は一度実際に見てみると上手く使うことが出来ます。

コメント